CGI SQUARE >

Message Board

トップページに出張可能な一行掲示板です。出張機能を使うときはSSIを使います。伝言板等としてどうぞ。

サンプル

(準備中)

特徴

ダウンロード

設置方法

index.cgiファイルの1行目を使用しているサーバーのPerlへのパスに合わせ、次のようなパーミッションでアップロードします。

ファイル			パーミッション	説明
mb/ 				755 			Message Boardのディレクトリ
	index.cgi		755 			本体
	conf.cgi		755 			設定ファイル
	jcode.pl		644 			(※1)

※1 サーバに Jcode.pm がインストールされている場合は不要です。

オプションの設定

conf.cgiファイルを編集することでオプションを指定できます。以下はconf.cgiの内容です。

	title => 'Message Board',			# タイトル
	password => 'pass', 				# 管理用パスワード
	datafile => 'mb.dat.cgi',			# データファイル名
	log_max => 300, 					# ログ保存件数
	onepage => 30,						# 1ページあたりの表示件数
	max_length => 256,					# 本文の最長文字数(半角での)
	renzoku_file => 'renzoku.dat.cgi',	# 連続投稿防止用のファイル
	renzoku_time => 10, 				# 連続投稿防止間隔(秒数)
	url_link => 1,						# URL自動リンクなら 1, リンクしないなら 0

タイトルとパスワードを変更すれば、あとは初期値のままでも使えます。

次はCGI動作時のページ上部に表示されるHTMLのテンプレートです。デザインを変更するときに、ここのスタイルシートや、HTML自体を書き換えます。テンプレート中に $title, $name があると、表示時にそれぞれタイトル、Cookieで取得した利用者の名前に置き換えられます。
最初と最後の行はプログラムの一部なので、その中の行を編集してください。

	page_head => >>'END',
<title>$title</title>
<style>
body { margin: 20 5%; background: ivory; }
h1 { margin-top: 0; font-family: verdana; text-align: center; color: green; }
.mb { margin: 0 0 10 0; list-style: none; line-height: 140%; }
.mb li { padding: 4 0; border: 1 solid gray; border-width: 0 0 1 0; }
.mb .time { font-size: 85%; color: gray; }
.mb .body a { color: gray; }
</style>

<a href=../>HOME</a> >
<h1>$title</h1>

<form method=post>
<input type=hidden name=mode value=post>
名前:<input name=name value="$name">
本文:<input name=body size=70>
<input type=submit value=" 書込 ">
</form>
END

次はページの一番下に表示する部分(フッター)です。ヘッダーと同様で、$title, $name が置換されます。
この例では何も指定していません。

	page_foot => <<END,
END