CGI SQUARE >

StoreTube 設定

設定方法

メニューの「設定」をクリックすると、設定ウィンドウが表示されます。

言語

使用する言語です。(言語ファイルのカスタマイズ方法はこちら。)

ダウンロード方法

動画ページの URL を StoreTube にドラッグアンドドロップしたときの動作を指定します。

デフォルトのブラウザでダウンロード
デフォルトのブラウザを使って動画ファイルをダウンロードします。
ダウンロードツールでダウンロード
ダウンロード用のソフトなどを起動します。
動画ファイルの URL と YouTube でのタイトルを渡すことができます。(ver 1.0.4 より、「引数」を省略した場合は動画ファイルの URL が渡されます)

例えば、Internet Explorer でダウンロードする場合には、「プログラム」に「C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe」と指定します。



(このように直接 Internet Explorer を指定すると、常に新しいウィンドウでダウンロードされるようになり、ダウンロード時に再生中の YouTube サイトのビデオが中断されたり、複数開いているブラウザのウィンドウが不必要に切り替わったりしなくなります。)
DL でダウンロード (IE 7 対応)
DL というシンプルなダウンローダー(StoreTube にも ver 1.0.4 より同梱)を使ってダウンロードします。
「デフォルトのブラウザでダウンロード」がうまく機能しない場合や、IE7 で YouTube の動画ファイルがダウンロードできない場合にお試しください。

参考ページ:IE7 で YouTube の動画をダウンロード
クリップボードにダウンロードURLをコピー
クリップボードに動画ファイルの URL をコピーします。
クリップボードを監視するダウンロードソフトを使っている場合に使用します。

ファイル名として使えない文字を置換

ファイル名をYouTubeでのタイトルに自動設定することが可能な場合、Windows でファイル名として使えない文字を指定した文字に置換します。

常に最前面に表示

StoreTube を常に最前面に表示します。

プロキシ

直接接続(デフォルト)
YouTube のサーバに直接 接続します。通常はこれを選択。
Internet Explorer のプロキシ設定を使う
IE の設定を使います。直接接続でうまくいかない場合はこれを選択。
プロキシを指定:
指定したプロキシを使います。ホスト名とポートをコロン「:」で区切って指定します。

プロキシが必要な環境で「DL でダウンロード」を指定している場合は、DL でもプロキシを使うように設定してください。

Google Video

ダウンロードするビデオファイルのフォーマット
どの形式のビデオファイルをダウンロードするかを選択します。

Google Video では現在、FLV, AVI、MPEG 4(iPod 用、PSP 用)の合計4種類のフォーマットでビデオファイルがダウンロードできるようです。このうち、FLV 以外は、ビデオによっては取得できないようです(多分、全種取得可能か FLV のみ可能かの2通り)。

また、AVI ファイルは手元の環境では音が出ませんでした(映像はOK)。FLV および mp4 ファイルは正常に再生できました。
見つからなければ FLV ファイルをダウンロード
指定のフォーマットのファイルが見つからないときは FLV ファイルをダウンロードします。

IE で Google Video からダウンロードを行うと、ダウンロードウィンドウのタイトルが文字化けするようです(IE の仕様のようです)。ダウンロードは正常に行え、特に害はないようです。