CGI SQUARE >

ffdshow を使った FLV ファイルの再生方法

DirectShow Filter と再生用のコーデックを使って FLV ファイルを再生する

DirectShow Filter とコーデックがインストールされていると、DirectShow Filter に対応しているプレイヤー(Windows Media Player や Media Player Classic 等)で様々な形式のビデオファイルやオーディオファイルを再生できます。

ここでは、ffdshow という、様々な Filter とコーデックがパッケージになったソフトを使った FLV ファイルの再生方法を紹介します。

ffdshow で FLV ファイルを再生するには

FLV ファイルをこの方法で再生するには、

  1. 「ffdshow」をインストールする
  2. 「FLV Splitter」をインストールする
  3. ffdshow の「コーデック」の設定で、「FLV1」の項目を「libavcodec」にする

という手順でインストール、設定します。「FLV Splitter」のインストールは、ffdshow のバージョンによっては不要かもしれません(未確認)。

ffdshow のインストール

※ffdshow をインストールすると、Media Player 等の動作にも影響がでますので、インストールの際には他のより詳しいサイトも参照してください。
※ffdshow は比較的複雑なソフトのため、定評のある安定版をインストールされることを強くおすすめします。

ffdshow には色々なバージョンやビルドがありますが、Daily builds の 「ffdshow-20051115.exe」あたりが安定版として評価が高いようです。

インストール後、「スタート」ボタン - すべてのプログラム - ffdshow - Video decoder configuration で設定が行えます。
この設定画面が文字化けしている場合は、以下のスクリーンショットを参考に「言語」の項目を「Japanese (ANSI)」に変更すると直ります。

 

ffdshow のアンインストールは「スタート」ボタン - 「コントロール パネル」 - 「プログラムの追加と削除」 から行えます。

FLV Splitter のインストール

  1. FLV Splitter から最新版の FLV Splitter(「flvsplitter_20060320.7z」等)をダウンロード、解凍する。
    (解凍には 7z 形式に対応した解凍ソフト(「Noah」等)が必要です。)
  2. Windows XP/2000/NT を使っている場合は、解凍してでてきた「Release Unicode」フォルダ(Windows ME/98 等を使っている場合は「Release」フォルダ)の中の「FLVSplitter.ax」を Windows のシステムフォルダ「C:\WINDOWS\system32」にコピーする。
  3. 「スタート」ボタン - 「ファイル名を指定して実行」で「regsvr32 flvsplitter.ax」と入力し「OK」ボタンをクリック。

でインストールできます。

FLV Splitter のアンインストールは

  1. 「スタート」ボタン - 「ファイル名を指定して実行」で「regsvr32 /u flvsplitter.ax」と入力し「OK」ボタンをクリック。
  2. Windows のシステムフォルダ「C:\WINDOWS\system32」から「FLVSplitter.ax」ファイルを削除。

で行えます。

ffdshow の「コーデック」の設定で、「FLV1」の項目を「libavcodec」にする

「スタート」ボタン - すべてのプログラム - ffdshow - Video decoder configuration を開き、次のスクリーンショットを参考に「FLV1」の項目を「libavcodec」にします。

これで、Windows Media Player 等で FLV ファイルを再生できるようになります(再生には、FLV ファイルの拡張子を .avi 等に変える必要があるかもしれません)

関連情報

ffdshow の一部のバージョン・ビルドには、システムサウンドや Flash Player(YouTube サイトの動画、FLVP)で音が出なくなる不具合があるようです。修正方法を「ffdshow の一部のバージョン・ビルドの不具合と修正方法」に載せました。

参考サイト