CGI SQUARE > StoreTube >

Flash/FLV で音が出ないのを直す方法

YouTube 等で音が出ない場合の直し方です。FLV ファイルの再生で音が出ない場合も、Flash Player を使っているプレイヤー(FLVP 等)の場合には効果があるかと思います。

原因の切り分け

まず、原因が Flash Player にあるのか、それとも Windows にあるのかを調べます。

次のスクリーンショットを参考に、「スタート」ボタン−「コントロール パネル」−「サウンドとオーディオ デバイスのプロパティ」−「サウンド」を開き、「プログラム イベント」の中の適当な音(「Windows の起動」あたり)を再生してみます。

これで音が出ないなら Flash Player ではなく Windows の問題ですので「Windows で音が出ないのを直す方法」や「ffdshow の一部のバージョン・ビルドの不具合と修正方法」をご覧ください。

ここで音が出るのに、YouTube の動画や Flash Player を使ったプレイヤー(FLVP等)で音が出ない場合は、次に挙げるいくつかの方法のうちどれかで直るかもしれません。

Windows で音は出るのに Flash/FLV では音が出ない場合の直し方

ここで挙げている方法はどれも安全と思われるもので、以下の操作によって音が出なくなるということはないと思います(Flash Player のインストール/アンインストール以外はすべて試してみました)。が、■2 はデバイスの選択が適切でないと音が出なくなるので、元の設定をメモした上で作業を。

■1. Flash Player の音量を調節する

次の動画の音量を調節してみます。ここで調節した音量は、他の動画を再生するときにも反映されるようです。

  1. ミュート(消音)の切り替え
  2. 音量の調節


■2. サウンドデバイスの選択

「スタート」ボタン−「コントロール パネル」−「サウンドとオーディオ デバイスのプロパティ」−「オーディオ」−「音の再生」で、適切なデバイスが選択されているか確認します。
Flash Player 9 をインストールすると適切なデバイスを選択できるようになった、という情報も見かけました。

■3. 最新の Flash Player (ver 9) をインストールする

Flash Player のバージョン確認は、次のページにアクセスするとできます:

上のページでは最新のFlash のバージョンは8,0,24,0(2006年3月時点)となっていますが、それからver 9 が出たみたいです。

ver 9 のインストールは、まず古いバージョンのFlash Playerを「Adobe 公式サイトで配布されているアンインストーラ」(手順)を用いてアンインストールし、次に

から最新版をインストールします。インストール後、Windows を再起動。

■4. ブラウザ(IE)のキャッシュを消してみる

IE で特定の動画の音が出ない場合は、IE のキャッシュをクリアすると直るかもしれません(IE が表示している FLV 動画は PC のハードディスク内にキャッシュとして保存されるのですが、それが壊れている可能性があるため)。なお、ブラウザ以外のプレイヤーではこの方法は関係ありません。

キャッシュのクリアは、IE の「ツール」−「インターネット オプション」−「全般」−「ファイルの削除」で「全てのオフラインコンテンツを削除する」にチェックを入れて「OK」をクリックします。

(キャッシュはページ再表示時の表示速度の向上等のために行われるもので、クリアしても動作に特に問題はありません。)

■5. Flasy Player の「ローカル記憶領域」を 0KB にしてみる

このページの動画を右クリックし、ポップアップメニューの「設定...」をクリック−左下のフォルダのアイコンをクリックし「ローカル記憶領域」の値を OKB にしてみます。
PC へのキャッシュが原因の場合はこれで解消されるそうです。

これが原因でなかった場合は、0KB にしておく必要はないので元の値(私の環境では 100KB でした)戻しておいた方がよいでしょう。